弥生の園居宅介護支援事業所
トップページ > やよいの園 > 弥生の園居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2019/01/19 12:35

介護のパラダイムシフト

これからの高齢社会において介護の概念も変化しつつあります。特に2018から云われているのは介護のパラダイムシフト。

お世話型介護から自立支援型介護への考え方のシフトです。

それはどういった考えなのでしょうか。

自立支援型介護の関わる基本ケアとして残存機能の維持向上があります。

国際医療福祉大学大学院の竹内教授が提案している基本ケアは水分補給・栄養摂取・運動・排便のケアをする事で

高齢者の自立に繋がる効果が期待できるそうです。

今回中野区南地区の主任介護支援専門員たちが、その考え方をもとに勉強し意見交換を行いながら実践事例にも

取り組みをしました。

具体的に事例として水分摂取を1500ml提訴摂取することで、認知症・便秘や血圧の改善につながった事例や

訪問介護と介護による歩行動作の反復運動を継続し、筋力低下防止と云う考えたではなく歩行動作の動きを脳が忘れない

様にするという運動学習理論から、全身の筋の協調性が改善されるため要介護4・5の寝たきりの高齢者も歩行能力を取り

戻す可能性があります。

今回このことから多数の改善事例を紹介する事が出来ました。

ページの一番上に戻る