弥生の園居宅介護支援事業所
トップページ > やよいの園 > 弥生の園居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/05/30 09:37

次世代のエネルギー

昨日某ロックバンドがライブを行った際に、電源の一部を燃料電池でまかなったと、朝のニュースで流していました。
燃料電池は水素と酸素で発電し、二酸化炭素が発生しないため、環境にやさしい次世代のエネルギーとして注目されています。

今回電源として使われたのは、燃料電池で走る自動車で 建物の外に停めた車から電気を取り出し、100メートルのケーブルを通じて、ステージ脇の電源装置に送られたそうです。今回使われた電気自動車は水素を満タンにした状態で、一般家庭が消費するおよそ一週間分の電気を賄えるそうです。

燃料電池は、環境にやさしいエネルギーとして注目されているほか、燃料の水素を太陽光発電などの再生可能エネルギーから作れば、エネルギー自給率の向上にもつながると期待が寄せられています。
その一方で、高い価格や、インフラの整備が進んでいないこと、それに知名度不足などが、普及に向けた課題と指摘されています。
現在、燃料電池車と家庭用燃料電池が実用化されていますが、例えば燃料電池車の場合、1台およそ700万円するほか、水素を供給する「水素ステーション」は全国で100か所もありません。

こうした課題がどこまで解消できるかが行方を左右すると見られています。

早く 身近で燃料電池を供給する設備が整って、環境に優しいエネルギーを安心して使える時代になるとよいと思います。
それにしても、節電する意識は持ち続けなければいけないとも思いました。
 

ページの一番上に戻る